薬物依存症ってどんな病気?




yakubustu...1




薬物依存症とは、覚せい剤や大麻などの、
依存性薬物を使用することで、心身に影響を受ける病気のことだ。



WHO(世界保健機構)が定めた診断の根拠には、次の6項目の内、
”3項目が、過去1年間に、1カ月以上継続”していることが挙げられている。



1.薬物使用への渇望
2.コントロールの喪失
3.離脱症状
4.耐性の増大
5.薬物中心の生活
6.不利益を承知で薬物を使用する



である。(薬物依存が進行した場合については、こちらをご確認ください)



薬物依存症の発病には、薬物の作用だけでなく、本人自身が持つ条件、
特に、家庭環境や生活環境の関連が高いと考えられている。



言わば、これも一種の生活習慣病である。



いろいろな理由で生きづらさを感じている内に、薬物の快感を知り、
それに癒される内にはまってしまい、薬物依存症になるのである。



日本では、薬物問題を司法で処遇するのが中心のため、
一般市民にとっては、身近な問題ではない。



そのため、家族の中で薬物使用が発覚しても、
どう対応したらいいか分からず、結果的に、
家庭崩壊に繋がるケースが圧倒的だ。



以前に比べて、依存性薬物の価格は、驚くほど、
”安く・手軽に”入手できるようになっている。



また、法規制の対象となっていないものは、
インターネットで注文でき宅配までしてもらえる、社会に私たちは生きている。



いつどこで薬物乱用者による事件が勃発しないとも限らないのだ。



これだけ薬物乱用に関するニュースが報道されても、
あこがれやファッションとして、薬物使用を考える人達は後を絶たない。



中学・高校では、薬物乱用防止教育が行われているが、
そのあり方を根本的に見直す時期に、来ているのかもしれない。






コメントを残す