薬物問題に家族はどう取り組むべきか?




yakubustu...1




「薬物依存症の解決は、家族がカギを握っている」と、
言われるように、薬物問題への家族の関わりは、
本人が薬物依存から立ち直れるかどうかの、大きなウエイトを占めている。



多くの家族は、孤独の中もがき苦しんでいる。
それは体面や体裁を気にする、日本社会の弊害の表れでもある。



まず大切なことは、専門家に相談することだ。



長い苦難な生活の中、本人はもちろんのこと、
家族も人間不信に陥っているケースが多い。



専門家から知識と情報を得て、適切な対応を身につけることは、
本人だけでなく、家族の、人間としての自信を取り戻すことにも繋がるのだ。



また、家族を対象にした支援グループや自助グループに、
積極的に参加することも大切である。



多くの家族は、孤独で誰にも悩みを話せずにいる。



お互い自分の置かれた環境を語り合い、共有することで、
薬物問題に立ち向かう勇気を持つことができる。



家族だけで薬物問題を解決しようとしても、決して上手くいくことはない。
なるべく早い段階で他者を頼る勇気を持とう。



薬物依存者を家族に抱えると、家庭生活はぎくしゃくする。



家族は本人に対して詰問するのではなく、



「薬物依存は病気である」
「回復には時間がかかる」



という共通認識を持ち、
なるべく普通の日常生活をすることが大切だ。



特別扱いをするのではなく、普通に生活を送る中で理解を深め、
温かい家族関係を築くよう、心がけよう。



薬物依存から完全に脱却するには、早くて数年が必要だ。



張り詰めた生活を送らず、時にはリラックスする時間をもって、
気長に取り組むことを、心がけてもらいたい。






コメントを残す