薬物依存症が進行するとどうなる?




yakubustu...1




過去に薬物関連の事件を起こした芸能人が、ある程度年数が経つと、
何事もなかったかのように復帰していることに、違和感を感じている人は多い。



一般社会ではまずありえないことが、芸能の世界では起こりうる。



それだけが理由ではないが、懲りもせず薬物乱用を繰り返し、
逮捕される芸能人もまた多い。



薬物依存症が進行すると、どのような問題が発生するのだろうか。



まず、第一に健康問題である。



薬物による脳の委縮を始め、
薬物使用時の注射針によるC型肝炎や、HIV感染などの恐れがある。



うつ病や摂食障害、自律神経失調症などの精神疾患は、
薬物を使用した本人だけでなく、巻き込まれた家族もまた、
治療を受けていることが多い。



次に経済問題だ。



薬物の購入に多額を使用し、時には借金の返済に行き詰まり、
債務整理することとなる。



また、全国刑務所入所者7万人の内、薬物事犯は男性2位、女性1位である。



あくまで、薬物事犯の検挙だから、薬物使用中に幻覚に襲われ、
犯行に及んだ暴行・傷害などを合わせれば、その割合はもっと増える。



このほか、薬物使用に伴う自殺も若年層を中心に後を絶たない。



薬物依存症は、家族を巻き込む病気である。



女性受刑者の第1位が薬物事犯である現実を鑑み、
子育て支援をもっと広範に取り組むべきではないだろうか。



負の連鎖を断ち切るためにも、
親子が一緒に暮さない方がいい家庭もあるだろう。



医療において、オーダーメイドの診療が広がっているように、
子育ても、ケースバイケースで行わなければならない世の中が来ていることを、
色々な意味で認識しなければならない。






コメントを残す