薬物依存と中毒はどう違う?




yakubustu...1




薬物依存に対する誤解の1つに、
「身体が薬漬けになった状態」というものがある。



同じ過ちを犯す芸能人などを見て、
「気持ちが弱い」と語るのは簡単だ。



薬物依存に本人の意志が関係しているのは事実だが、
そこだけを見ていては、本質から目をそむけることになる。



薬物依存の本質は、脳が薬物を欲しがる、
”精神依存” なのである。



従って、いくら気の持ちようと言ってみたところで、
脳が欲しがっているのだから自分ではどうしようもない。



専門家や周囲の協力なしには、依存からは、
決して抜け出せないことを認識してもらいたい。



また、薬物問題が報じられる時、幻覚や妄想などが起きる、
中毒症状や、その結果起きた犯罪ばかりが注目を集め、
薬物の怖さはこれだと思い込みがちだ。



裏を返せば、中毒症状さえなかったら、
薬物を使用していても問題ないと考えている
薬物依存症患者は、実に多いのである。



薬物依存を考える際、



・乱用
・依存
・中毒



と、3つに分けてその関係性を理解することがとても大切だ。



順に言うと、”乱用とは”、
「ルール違反の薬物を自己使用する行為」
のことである。



この、
「乱用を繰り返し、脳が薬物を欲しがらずにはいられなくなった状態」
が、”依存” である。



さらに、
「依存して乱用を繰り返し、肉体も精神も破壊され異常な行動に出る状態」
が、”中毒” なのだ。



中毒症状が緩和したところで、脳は元に戻っておらず、
依存状態は継続したままである。



だから、釈放されても、依存状態が保たれたままなので、
再び薬物に手を染めるのである。



このあたりのメカニズムの正しい理解なくして、
薬物問題は決して解決しない。



”乱用・依存・中毒” すべての状態を、
治療することなしに、改善はあり得ないのだ。






コメントを残す