日本の覚せい剤の歴史




yakubustu...1




意外と知られていないことだが、
覚せい剤はもともと日本で生まれたものである。



東京大学の教授が1893年に、
風邪薬のエフェドリンの化学構造を変えて、
メタンフェタミンを合成することに成功したのが始まりだ。



戦前には、”ヒロポン”という商品名で、
一般の薬局でも販売されていた。



戦時中には軍事工場で働く人々や、
軍隊の夜勤番、特攻隊員にも配られていた。



そもそも、覚せい剤という名称そのものが、
疲れや眠気を取るという意味で付けられている。



しかし戦後になると、軍が保有していた覚せい剤が社会に流出し、
多くの中毒者を出して、社会問題になっていく。



覚せい剤中毒者のことを、”ポン中”と呼ぶのは、
この時代の、”ヒロポン中毒”の名残である。



ようやく覚せい剤に関する取り締まり法ができるのは1951年、
戦後6年目のことで、それまでは多くの人が依存症に苦しみ、
取引は野放しになっていたのである。



覚せい剤のことを、”シャブ”と呼ぶのは、
警察の隠語が一般化したからだが、
「一度使用したら、骨の髄までしゃぶられる」
というのが、語源と言われている。



基本的な知識と設備、原材料があれば、比較的作るのは簡単だが、
最近は、密輸入された覚せい剤を、暴力団が資金源としているケースが多い。



また、日本だけではなく世界的規模で、乱用者が増えている。



戦前には、依存症の強さを始めとした、数々の副作用に対する認識が浅く、
現代の栄養ドリンクの様な感覚で、使用されていた覚せい剤。



その代償が極めて大きいことを、改めて見つめ直さなければならない。






コメントを残す