薬物依存症を防ぐ方法はあるのか?




yakubustu...1




慢性疾患で、再発しやすい特徴を持つ薬物依存症だが、
薬物を完全に断つことができれば、健康な生活ができる病気でもある。



日本においては、1998年に薬物依存への対策を打ち出すまで、
司法処遇が対応の中心だったが、まだまだ進んでいないとは言え、
現在では、治療的対応が行われている。



さらに、ここ数年は再発防止を目的としたプログラムが導入されるなど、
薬物依存者の社会復帰対策は、着実に歩みを見せている。



とは言え、薬物依存症を特定の人の問題と捉える傾向は、依然として根強く、
社会問題としての視点は、まだまだ欠けているのが現状だ。



薬物依存している人というと、一般的なイメージは、
テレビドラマなどに出てくる、目がうつろで、よだれを垂らしているような、
誰が見てもおかしな状況になっている人と思いがちだが、



一見、他人の前では普通に生活をしているような人でも、
薬物依存症の人はいる。というよりも、多くの人はそうだ。



このように、薬物依存患者の様子1つとってみても、
偏見と誤解が渦巻いている。



従って、正しい知識と情報の共有を進める啓発活動が、
以前にも増して求められている。



また、薬物問題の相談機関が不足しているのも現実だ。



薬物使用が発覚しても、家族はどこに相談すればいいのか分からず、
対応が遅れ、依存の進行に繋がってしまう。



ストレス社会がそれに拍車をかけ、自らの個性を大切にし、
他者との絆を実感することが、非常に難しくなっている。



かといって、お互いがお互いを見張るような関係は望ましくない。



信頼と尊重で結ばれる豊かな人間関係を形成するには、
まず、本人と家族のしっかりとした意志が大切である。



これからの時代には、他者との絆を大切にしながら、
自己を保つバランス感覚が、何よりも大切になってくるだろう。






コメントを残す